鋳造ジャーナル最新号

2020年5月6月号

目次

  • 「鋳造ジャーナル」2020年2月号会長就任挨拶

    日本鋳造協会 会長 藤原愼二 5

  • 市況トレンド 6

  • 学協会の動向 8

  • 会社往来 12

  • 協会ニュース
    2020年度 社員総会を開催 16
    2019(令和元)年度 おめでとう、鋳造技士の皆様 19

  • 技術解説
    メダルアートと鋳造 名古屋芸術大学 瀬田 哲司 26

  • 海外技術ニュース
    PVD コーティングの使用 30
    ファンドリー4.0へのデジタルトランスフォーメーション 34
    最新のリサイクル 生型廃砂再生の新しい見方 42
    航空機用および産業用ガスタービンに用いられる3Dプリントされた鋳造中子 44

  • コロナ対応レポート
    コロナへの対応 中小企業の活動事例 46

  • 協会ニュース
    各支部で2020年度総会(書面決議) 53
    2020年3月分銑鉄鋳物製造業の景況調査結果 54

  • 編集後記/会員動向 56

カバーストーリー

半夏生(はんげしょう)

 ふらっと覗いてみた第37回日本アートメダル展が東京都美術館で開催された。アートメダルとは1937年にフランスで設立された「世界メダル会議:FIDEM(フィデム)」で、メダルの芸術を促進し、拡散させ、また他の芸術の中での位置づけや歴史、鋳造技術、メダル文化が拡がっていく活動を推進している。名古屋芸術大学の瀬田哲司先生の一連の作品が出展されていた。魅力的な作品の中でも「半夏生」(=表紙)が記憶に残った。

 瀬田先生のメダルは「二層構造」に特徴がある。一般のメダルは「表と裏」をひっくり返して鑑賞するが、先生のメダルは二つの面を同時に鑑賞できこの作品は「視点の違い」がベースに表現されている。

 作品:半夏生(はんげしょう) I ate octopus July 2, 2018
 Cayratia japonica
 144wx123x39mm  Silver950  精密鋳造

注)古代中国で考案された七十二候(しちじゅうにこう)とは、二十四節気をさらに3つに分けた期間のことで、「半夏生」は夏が「初夏、仲夏、晩夏」に区切られ、仲夏がさらに「芒種、夏至、夏至」に分かれ夏至の下に「半夏生」がある。

(新東工業・竹内純一)

 

 表紙の写真は読者の皆さんからの投稿をお待ちしています。“鋳物”に関係があれば題材は問いません。電子媒体あるいは写真に簡単な説明文を添付し、編集委員会までお送りください。

(担当:玉村秀男 tamamura@foundry.jp