鋳造ジャーナル最新号

2019年7月号

目次

  • 市況トレンド 6

  • 学協会の動向 8

  • 会社往来 10

  • 私の苦労話・失敗談
    日本鋳造協会の設立、三団体統合のころ
    (一社)日本鋳造協会 前専務理事 角田悦啓 14

  • 協会ニュース
    鋳物産業振興議員連盟が総会を開催 16

  • 技術解説
    鋳鉄の組織と材質 3.鋳鉄のチル化-なぜチル化が起こるのか?- 25

  • 海外技術ニュース
    引張試験結果に影響を及ぼす結晶粒形態についての試験 33
    Admatic社とAristo-Cast社、AM法を用いた新しい模型無し精密鋳造プロセスを紹介 36

  • 部会委員会報告
    (株)木村鋳造所 群馬工場を見学 38

  • 協会ニュース
    2019 年度「鋳造カレッジ」全国で始まる 40

  • お知らせ
    第57回素形材産業優良従業員表彰の受賞候補者推薦に係るご案内 45
    台湾で開催される「第10 回国際精密鋳造セミナー」のご案内 46
    2019 年度 軽合金鋳造技術研修会開催のご案内 47
    書籍のご案内&申込書 50
    -日本初の精密鋳造用語集-「ロストワックス精密鋳造用語辞典」購入申込書 51
    2019 年度秋季大会(講演会・懇親会) 52

  • 編集後記/会員動向 56

カバーストーリー

ペンタサウルスの鉄瓶

 南部鉄瓶の常識的なデザインにインパクトを与える注ぎ口が3つある鋳鉄製のケトル(ティーポット)である。日本に住む知人の英国人で、岩手県水沢に在住の彫刻家グレゴリー・ローズ氏の作品。グレゴリーの精密鋳造で作られる作品群は「蜻蛉」や「零戦」などで、どれも精緻で魅力的であり、以前にも本誌で紹介したことがある。
 岩手県水沢羽田町の南部宝生堂㈱及富の及川一郎社長は、上記の恐竜の鉄瓶の鋳造をきっかけにして、小学生のころからゴジラに熱狂していた菊地専務の発案で、次号で紹介する「ゴジラ 南部鉄器と融合」に繋がる。ペンタサウルスの茶色/オレンジ色に輝く眼は虎目石で、眼の形状のポケットに挿入されている。

(新東工業・竹内純一)

 

 表紙の写真は読者の皆さんからの投稿をお待ちしています。“鋳物”に関係があれば題材は問いません。電子媒体あるいは写真に簡単な説明文を添付し、編集委員会までお送りください。

(担当:玉村秀男)