鋳造ジャーナル最新号

目次

  • 市況トレンド

    鋳造ジャーナル5月号 表紙

  • 学協会の動向
  • 会社往来
  • 部会委員会報告
    YPP2024日本ツアーを開催
  • 協会ニュース
    新人教育研修プログラム「鋳造入門講座」開講式を開催
  • 協会ニュース
    2023年度鋳造技師会活動報告―その①-
  • 協会ニュース
    2024年度東海支部総会・本部活動報告会・講演会を開催
  • 協会ニュース
    2024年度中国四国支部総会・講演会・交歓会を開催
  • トピックス
    東海北陸鋳物工業会が2024年度例会・講演会を開催
  • IMONO深掘り~その後のお話~
    「株式会社ミヤタさんにDISA がきた」の巻
  • 海外技術ニュース
    Al-Si 重力金型鋳造用合金:溶融処理の水素ガス欠陥に及ぼす影響
  • お知らせ
    第7回鋳造用3D-CAD操作技能研修会のお知らせ
  • お知らせ
    自転車等機械振興事業に関する補助事業推進のお知らせ
  • お知らせ
    第29回鋳鉄品の超⾳波試験技術者養成講習会&再試験のご案内
  • 協会ニュース
    2024年3月分銑鉄鋳物製造業の景況調査結果
  • 編集後記/会員動向

 

カバー ストーリー

 SESEKI 変化を楽しむ。


 SESEKIは暮らしにささやかな変化をつくる入れ物です。鋳鉄の重みを活かすことで起き上がりこぼしのような動きをします。お気に入りのペンが一本増えたり、ものの入れ方を変えたりするだけでも、傾きが変わります。また花瓶として使う時には植物の成長によっても傾きが変化し、新たな表情を発見できるかもしれません。毎日の机の上や棚の上にふとしたことで変化がおきる。それがSESEKIです。

 ―FeVitaについて―

 FeVitaは鋳鉄の魅力を現代の暮らしに提案するライフスタイルブランドです。私たちアイシン高丘は、これまで自動車部品メーカーとして様々な製造業者、企業との連携からものづくりと開発に挑戦し 車社会に貢献してまいりました。Fevitaの製品はこの培ってきた関係の中から生まれていきます。

 アイシン高丘だけでなく様々な企業が手を携えた製品が感動を生みだしていくことは、同時に製造業に新たな可能性を見つけることでもあります。今まで、そしてこれから関わる製造業が元気になり、新たな挑戦の連鎖が起こってほしい。みなさまと私達の感動の共有が暮らしと製造業をつなげおどろきと面白さにあふれた社会をつくっていく、私達はその起点になるブランドを目指します。

 みなさまの暮らしが楽しく彩られる製品づくりを心がけながら、私達自身も発見や開発を楽しみ、製品を通してその面白さに共感していただけるよう細部まで妥協のないものづくりに取り組んでいきます。ブランド名は,鋳鉄の魅力で皆様の生活を豊かにしたいという想いから鉄の元素記号「Fe」とラテン語の生活「Vita」を合わせて、「FeVita」と命名しています。

(アイシン高丘(株) 髙野 幸)

 


表紙の写真は読者の皆さんからの投稿をお待ちしています。“鋳物”に関係があれば題材は問いません。電子媒体あるいは写真に簡単な説明文を添付し、編集委員会までお送りください。

(担当:山田 剛 yamada@foundry.jp)